FC2ブログ

グリセリンソープで作る石鹸 Part.1

 
グリセリンソープで作る石鹸 Part.1
レンジで溶かして
固めて作る石鹸を
アレンジしてみました♪

簡単に作れるので
初心者の石鹸作りに
はぴったりです!!


型はどんなものでも
構いません。
この写真の型は、
100円均一の
アイストレーです。
でも!
当店にもかわいい石鹸の
型がございますので、
ぜひお試し下さいね。
  【保存期間】 6ヶ月
 
グリセリンクリアソープ200g
グリセリンゴートミルクソープ(オーガニック・ホワイト)100g
カラーリキッド ゴールド数滴(お好みの色にしてくださいね)
カラーリキッド オレンジ数滴(お好みの色にしてくださいね)
カラーリキッド レッド数滴(お好みの色にしてくださいね)
お好きなフレグランスオイル精油3ml(60滴)くらい
石鹸の型
無水エタノール(スプレー容器に入れて)
   
【各材料について】
無水エタノール:石鹸の型にスプレーして、石鹸を流し込んだ後にも
スプレーします。 (薬局で購入できます)
グリセリンクリアソープグリセリンゴートミルクソープ(オーガニック・ホワイト):市販の石鹸よりも沢山グリセリンが入っているため、レンジで簡単に溶けます。
カラーリキッド:色を付ける為の液体。グリセリンベースにカラーラントを混ぜてあるだけですので
分離している場合があります。振ってからご使用くださいね。
フレグランスオイル精油:お好きな香りをつけてくださいね。
精油よりもフレグランスオイルの方が香りが長持ちします。
 

1.エタノールを型にスプレーします。
 ゴートミルクソープを1CMくらいの大きさに切って、
 電子レンジで溶かします。
 オレンジのカラーリキッドを2・3滴加えてください。
 (色はお好みで調節してくださいね)
 型から0.5cmくらいの高さまで、ソープを流し込みます。
 すぐにエタノールを石鹸にスプレーして表面を平らにしてくださいね。

2.グリセリンクリアソープを1CMくらいの大きさに切って、
 電子レンジで溶かして、紙コップ2つにソープを分けます。
 1つの紙コップにはカラーリキッドレッドを1・2滴。
 もうひとつの紙コップにはカラーリキッドオレンジ1滴と
 ゴールド4・5滴入れて、混ぜてください。

 *ここからがポイント!
 2つの紙コップに入ったソープの温度を65度前後に冷ましてから
 同時に流し込んでください。
 温度によって、色が全部混ざってしまったり、少しマーブルになったります。
 
 *①のゴーとミルクソープが固まってから、②を流し込んでくださいね。

3.すぐにエタノールをスプレーして、表面を平らにしてください。
 そのまま半日涼しい場所において、固めて取り出してくださいね。

出来た石鹸を1つずつラップに包んで涼しい場所に保管ください。

 

電子レンジに使用する耐熱容器(2個)←クリアソープとホワイトソープ用
紙コップ 2つ
混ぜるスプーン 1-3本

  

カラーリキッドには色が混ざるものと混ざらないものがあります。
どういう意味なのか説明しますね。
↓↓
溶かしたソープを2つに分けて、カラーリキッドを1色ずつ入れます。
ひとつの紙コップにはパープル。もうひとつにはピンクといった感じです。
これを1つの型に流し込んだとき、色が混ざらないカラーリキッドはお互いの色が混ざらず、2色の
石鹸が作れます。
色が混ざるカラーリキッドを使用した場合には、2つの色が混ざって1色の色の
石鹸が作れます。

当店で販売している色が混ざらないカラーリキッドは、スパークル、ゴールド、ピンク、
パープル、ブルー、オレンジ、イエローです。
色が混ざるカラーリキッドは、レッドとグリーンです。

溶かした石鹸に色が混ざらないカラーリキッドを数種類入れた場合は、全部混ざりますので、
ご注意くださいね。


   

グリセリンソープでレイヤー石鹸も簡単に作れます。
その場合は、一段目に流し込んだ石鹸が固まり、2段目に流し込む石鹸の温度が
50-55度になったら流し込んでくださいね。
熱いままの石鹸を流し込むと1段目の石鹸が溶けて綺麗なレイヤーになりません。
でも、ちょっと崩したレイヤーも可愛いですけどね♪



 

2012.10.05 | | ひんやり・かゆみ止め・虫よけ

«  | ホーム |  »

プロフィール

peach*pig

Author:peach*pig
Peach*Pigでは化粧水やクリーム、石鹸、シャンプーなどを手作りするためのいろいろな材料を販売しています。
こちらでは、手作り化粧品などのレシピを紹介しています。

Peach*Pig

最新トラックバック

QRコード

QRコード

検索フォーム